GCC Wikia
Advertisement

このページを編集する際は,編集に関する方針に従ってください.[]

概要[]

  • gcc-4.1.0/gcc/tree.cにて定義
  • 普通の大きさの範囲の整数値から,木構造の整数定数ノードを作る.

(要するに,build_int_cst_wide へのラッパーインタフェース.1 word に収まる範囲の小さい定数でも 2 word 符号拡張される.大きい方の word は,小さいほうの word の符号が正ならば 0,負ならば - 1 扱い).

引数[]

  • tree type
    • 整数の型 (整数と一口に言っても,長整数 (long) 短整数 (short, char) など,いろいろある).
    • NULL_TREE を渡した場合は,デフォルトの integer_type_node になる.これは,ほとんどのノードで同じなので,とりあえず迷ったら TREE_NULL を渡しておけば良い.
  • low
    • HOST_WIDE_INT に収まる範囲の整数 (通常の 32 bit 環境ならば,long 相当).

実装[]

628 /* Create an INT_CST node with a LOW value sign extended.  */
629 
630 tree
631 build_int_cst (tree type, HOST_WIDE_INT low)
632 {
633   return build_int_cst_wide (type, low, low < 0 ? -1 : 0);
634 }



リンク元

Advertisement