Advertisement

このページを編集する際は,編集に関する方針に従ってください.

概要

  • -ftrapping-mathオプションコマンドで立つフラグ
  • 浮動小数点例外用のトラップを有効にする
    • ゼロ除算など

gcc-4.1.0/gcc/opt-functions.awkgcc-4.1.0/gcc/optc-gen.awkの二つのawkスクリプトから生成されるoptions.cにて定義されている。

生成方法は以下のとおり

awk -f opt-functions.awk -f optc-gen.awk < inputfile > options.h

ビルドをすると生成される gcc-4.1.0/host-{アーキテクチャ}-{ハードウェア}-{OS名}(host-i686-pc-linux-gnu)/gcc/Makefileを見ると

1693 options.c: optionlist $(srcdir)/opt-functions.awk $(srcdir)/optc-gen.awk
1694     $(AWK) -f $(srcdir)/opt-functions.awk -f $(srcdir)/optc-gen.awk \
1695            -v header_name="config.h system.h coretypes.h tm.h" < $< > $@ 

のようになっていた。

実装の一例

818 /* Set by -ftrapping-math.
819    Assume floating-point operations can trap  */
820 int flag_trapping_math = 1;



リンク元

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。